地鎮祭について

Just another WordPress site

地鎮祭について
未分類 | 01月08日更新

地鎮祭を執り行う必要性

地鎮祭とは、土木や建築などの起工に先立ってその土地の神を祭り、工事の無事を祈る儀式のことを言います。
八百万の神を信じてきた日本人が、古くから行ってきた儀式のひとつでもあります。
しかし、地鎮祭を行う施主が減りつつあるのが現状です。この儀式を行う必要性とは、一体何なのでしょうか。
まず、この儀式の目的が工事の無事を祈ることですので、大工や職人といった工事関係者の安全を願う気持ちの表れとも言えます。"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

工事を始める前に行う地鎮祭

地鎮祭とは工事を始める前に行う祭りのことで、その土地の氏神に土地を利用することの許しを得ることを目的としています。土祭りや安全祈願祭などと呼ばれることもあり、大安に行われることが多いです。
日本で行われる地鎮祭には神式と仏式がありますが、神式の場合は土地の四方に立てた青竹に注連縄をつけて祭場とし、その中に八脚台と呼ばれる台を設置します。そこに東向きもしくは南向きに神籬を立て、供え物を供えます。真榊"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

家を建てる前に行う地鎮祭について

地鎮祭とは家や建設物を建てる前に、その土地の神を鎮め、建物を建てることを許してもらう儀式です。建設中に事故等が起こらぬよう、無事に建設できることを祈る儀式でもあります。一般には大安の日を選んで行われます。地鎮祭の費用は施工を行う建設店が持ちます。建設店が地鎮祭を行ってくれる神社を選び、頼んで、日にちを決め、当日には建設業者、家を建てる施主が立会い、儀式が行われます。時間としては30分くらいと長い時

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

地鎮祭とはどのようなものなのか

家や社屋といったような建築物を建設する際には、その土地の氏神さまに工事の無事をお祈りするために行われるいくつかの儀式がありますが、その中で、まず工事に着地する前に、敷地を清めることを目的として行われるのが地鎮祭です。
地鎮祭では、祭壇をつくり、そこに地元の氏神さまの神社の神主さんをお呼びしておはらいをしてもらいます。
その際に、式に用いる祭具などは神主や工事関係者が用意しますが、祭壇へのお供え物は"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

工事の無事を祈る地鎮祭

地鎮祭では、建物を建てる際や土木工事を行う際に工事の無事や安全を祈り、家や建物の繁栄を祈ります。
地鎮祭では、建物を建てる土地や土木工事をする土地の氏神様の神主を招いて執り行います。お供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをします。最近では、氏神や産土神、鎮守の神が同一視されるようになってきたため、最も近い場所の神社に依頼することが多いです。
日取りは、慣例的には大安や先勝、友引の吉日を選んで午前中に行わ"

" 続きを読む